101062670_BookLiveコミック【AC】魔法のホール 寝てる子開発えっち※スマホ専用

【魔法のホール 寝てる子開発えっち】片瀬蒼子(空色にゃんにゃん)のエロ漫画

▼今すぐ読むならコチラ▼

魔法のホール 寝てる子開発えっち

101062670_BookLiveコミック【AC】魔法のホール 寝てる子開発えっち※スマホ専用

※画像タップで無料立ち読みページ

 

【魔法のホール 寝てる子開発えっち】片瀬蒼子(空色にゃんにゃん)のエロ漫画

 

魔法のホール 寝てる子開発えっち」ネタバレ感想&レビュー

 

※当サイトは「魔法のホール 寝てる子開発えっち」のネタバレを含みます。
純粋に作品を楽しみたい方はご注意くださいませ。

 

 

魔法のホール 寝てる子開発えっち 登場人物

 

魔法のホール 寝てる子開発えっち 登場人物

 

一登…魔法のオナホが当選した主人公。
ごく普通の青年だが、本人曰く冴えない男。
隣に住む彩夏に好意があり、魔法のオナホを使うなら彩夏と即決。
童貞。

 

彩夏…一登の隣家のお嬢さん。
清楚で可愛らしい。
一登にも気さくに接してくれる。
一登の母親とメル友ということから見ても、家族ぐるみの付き合いらしい。

 

魔法のホール 寝てる子開発えっち あらすじ

 

▼今すぐ読むならコチラ▼

魔法のホール 寝てる子開発えっち

101062670_BookLiveコミック【AC】魔法のホール 寝てる子開発えっち※スマホ専用

※画像タップで無料立ち読みページ

 

魔法のホール 寝てる子開発えっち あらすじ

 

SNSの懸賞でA賞が当選した一登。

 

当選商品はいわゆるオナホールだった。

 

魔法のオナホと書かれたアダルトグッズの説明書きには「ターゲットにした女の子といつでもどこでもセックス出来ちゃう魔法のオナホ」と記載されている。

 

そんな夢のような話があるはずがないと思いつつも、一登は気になっている女の子、隣家の彩夏の姿を想像してみた。

 

すると、彩夏の姿が鮮明に目の前に浮かんできて、入浴中の彩夏の心の声まで聞こえてくる。

 

オナホの説明書には、オナホの刺激がそのままターゲットにした女の子に伝わるとも書いてあった。

 

一登が恐る恐るオナホの突起に触れてみると、彩夏の体が跳ね上がる。

 

オナホを介せば、彩夏を感じさせることもセックスすることもし放題。

 

一登は、嘘のような魔法のオナホを使って、夜な夜な彩夏の体を堪能する。

 

魔法のホール 寝てる子開発えっち 見どころ

 

▼今すぐ読むならコチラ▼

魔法のホール 寝てる子開発えっち

101062670_BookLiveコミック【AC】魔法のホール 寝てる子開発えっち※スマホ専用

※画像タップで無料立ち読みページ

 

魔法のホール 寝てる子開発えっち 見どころ

 

SNSの懸賞の商品がアダルトグッズってことにも驚きだけど、一登は商品知らずに応募してたのかと…。

 

それはさておき、オナホに与えた刺激がターゲットにした女の子にそのまま伝わるだけじゃなく、女の子の様子が手に取るように分かるというのは確かに魔法。

 

感覚としては遠隔セックスとかバーチャルセックスに近いのかな?

 

相手がリアルな女の子だってことが決定的な差でしょうが。

 

お隣の彩夏ちゃんにターゲットを決めた一登は、慣れないながらも探り探り彩夏の体を開発していきます。

 

一登も童貞だけど彩夏も処女なのでどっちも慣れてないところが、なんとも微笑ましくもじれったい。

 

一気にヤッちゃいたい男性も多いだろうに、ちょっとずつ彩夏を慣らそうとする一登はフェミニストだわー。

 

一登視点でストーリーは進んでいくけれど、彩夏が感じてる様子はつぶさに観察できるので開発モノが好きな人におススメ。

 

清楚で可愛らしい彩夏が意外と快楽にどん欲なところも見逃せないポイントでしょう。

 

魔法のホール 寝てる子開発えっち 1話ネタバレ

 

▼今すぐ読むならコチラ▼

魔法のホール 寝てる子開発えっち

101062670_BookLiveコミック【AC】魔法のホール 寝てる子開発えっち※スマホ専用

※画像タップで無料立ち読みページ

 

魔法のホール 寝てる子開発えっち 1話ネタバレ

 

一登が帰宅すると、何やら荷物が届いている。
開封してみるとSNSで応募した商品のA賞だった。
魔法のオナホと書かれたそれは、明らかなアダルトグッズで、勝手に荷物を開封しない家族であったことに心底安堵する。

 

魔法のオナホの説明書には「ターゲットにした女の子といつでもどこでもセックス出来ちゃう魔法のオナホ」の文字。
・1度ターゲットにした女の子はいつでもどこでもセックス可能。
・オナホに触れたまま目を閉じるとターゲットの様子を覗き見ることが出来ます。
・オナホ使用中はターゲットの女の子の心を読むことが出来ます。
・オナホに愛撫・挿入でターゲットの女の子にその刺激が伝わります。
・オナホはターゲットのおまんこを忠実に再現。締まり具合から濡れ具合まで完全再現します。
と、到底信じられないことばかりが書かれていた。
マンガの設定か何かか?と思った一登だが、もしこれが本当なら俺は彩夏ちゃんいつ買うけどな。
一登の脳裏によぎったのは、お隣のお嬢さん彩夏だった。
彩夏は小さなころから顔見知りということもあって、冴えない一登にも気さくに話しかけてくれる女の子。
あんな子が彼女になってくれたら最高なんだけどな。

 

オナホの謳い文句を信じていたわけではないが、一応ね…。とオナホを握ったまま目を閉じると、目の前に入浴中の彩夏の姿が鮮明に浮かんできた。
幻覚かとも思ったが、こんなリアルな幻覚はあり得ない。
今まで知っている女の子の裸なんて想像したこともなかっただけに、幻にしては生々しい。
これ…書いてあったの本当なんじゃ…?
そう思った一登は、そっとオナホの穴の周辺を指で触ってみた。

 

ひゃあッ!?
一登がオナホに触れたと同時に、お風呂に入っている彩夏の体が跳ね上がる。
えっ!?
何っ!?
何かに触られた!?
おっおばけ…!?
そんな彩夏の心の声まで聞こえてきた。
触られた刺激にこわい…。と慌てて風呂を出ていく彩夏の姿も心の声も、丸ごと一登に伝わってくる。
これは本物。と確信した一登は、彩夏へのいたずらを後に持ち越すことにした。

 

彩夏も眠っただろう深夜、一登は再びオナホを手にした。
パジャマ姿ですやすやと眠る彩夏は可愛い。
ローションと水を入れた器を用意して準備は万端だ。
ローションを指先につけた一登は、オナホの突起に恐る恐る触れる。
できるだけゆっくり優しく突起を刺激すると、眠っている彩夏の体がわずかながら反応しているようだ。
こんな感じでいいのか?全然分かんね…。
童貞の一登にはどんな風にクリトリスを触ればいいのかも分からない。
それでも、手探りで突起に触れていると彩夏の息が乱れてきた。
俺の指で感じてるのめっちゃえろい…。

 

ローションの効果が切れてきたため、水で指を濡らしていたずらを再開。
突起を刺激するたびに眠ったままの彩夏はびくびくと体を震わせている。
クリトリスへの刺激の仕方が分からない一登は、突起を円を描くように転がした。
すると、彩夏の反応が一気に大きくなる。
声を漏らした彩夏に、さらに刺激を与えるため突起を指で挟むが、今度は刺激が強すぎたようだ。
それでも起きない彩夏の様子を注意深く観察してから、一登はまたいたずらを始める。
円を描くように突起を転がし、ぬるぬると擦ると彩夏が感じていることが鮮明に伝わってきて一登も興奮を隠せない。
ローションを足して突起を優しく指で挟んだ一登は、軽く触れる程度の強さでクリトリスを扱く。
びくびくと体を震わせて感じる彩夏に、イかせたい。と強く思う一登だった。

 

魔法のホール 寝てる子開発えっち 2話ネタバレ

 

▼今すぐ読むならコチラ▼

魔法のホール 寝てる子開発えっち

101062670_BookLiveコミック【AC】魔法のホール 寝てる子開発えっち※スマホ専用

※画像タップで無料立ち読みページ

 

魔法のホール 寝てる子開発えっち 2話ネタバレ

 

彩夏をイかせたくて夢中でクリトリスを刺激し続ける一登。
彩夏も声を漏らしびくびくと反応はしているが、なかなか絶頂は迎えない。
数十分愛撫を続けてもイかせられないことに焦れた一登は、クリトリスを弾くような触り方に変えた。
コリコリと突起と、彩夏はようやく声を上げて痙攣した。
イッてるよなこれ!?…。
くったりと力を抜いた彩夏の姿。
手にしたオナホからは、ローションを使っていないところからもぬるぬるが溢れてきている。
ひくひくと動くオナホに「ターゲットのおまんこを忠実に再現。締まり具合から濡れ具合まで完全再現」との説明が頭をよぎった。
股間はパンパンに膨らんで、このまま犯したい欲求とそんなことをしていいのかという感情がせめぎ合う。
一登は散々迷った末、彩夏の寝姿をおかずに手淫で欲望を満たした。

 

2日目の夜。
一登は前日と同じようにオナホを手にしていた。
今日の彩夏はショートパンツのパジャマだ。
記事が薄いのか乳首が立っていることまで分かりやすい。
ローションを指につけ、丹念にクリトリスと愛撫すると彩夏の体は素直に反応する。
このオナホは最高だけど、服脱がせたり胸触ったりできないのじれったい…。
脳裏に映る彩夏の姿を見ながら一登は思う。
反応を見ながら、前の晩と同じようにクリトリスを指で弾くような触り方に変えると、彩夏は身体を反らして達した。
オナホもひくひくと痙攣している。
前日よりも早くイカせられたことに満足した一登は、その日も自慰をしてから眠りについた。

 

6日目。
一登は毎晩眠る彩夏にいたずらを続けている。
今日は前日よりも12分も早く彩夏をイカせることができた。
一登が慣れたのか、彩夏が敏感になってきたのか?
一登は今まで指でイかせること以上のことはせず、日常生活を覗き見ることはしていなかった。

 

10日目。
朝顔を合わせた彩夏はいつも通り挨拶してくれたが、眠そうにあくびをしている。
最近ちょっと寝不足気味らしい彩夏は、変に早起きする癖がついちゃって。と言った。
その日の夜、いつも通り眠る彩夏にいたずらを試みようとするも、彩夏が生理中であることを知って中断する。
女の子の生理期間がどれくらいなのかも知らなかった一登は、ネットで調べた後オナホを手にしてから初めて何もせずに眠りについた。

 

16日目。
彩夏の生理明け、一登は6日ぶりにいたずらを始める。
彩夏の体は前よりも敏感になっているらしい。
突起に指を滑らせるだけで彩夏の体が敏感に跳ねる。
できるだけゆっくりを意識して愛撫を続けると、オナホから蜜が滴ってきた。
愛液をクリトリスに擦りつけ、円を描くようにマッサージする。
彩夏は間もなくイッてしまったが、その時間は今までの最短記録だ。
一登は我慢できなくなって、オナホを自分のモノに押し付けるとそのまま犯そうと腰を進める。
しかし、先端が入ったところで処女膜が邪魔しているのを感じた。
それ以上強引にことを進めることはできず、それでも欲望を抑えられなかった一登は、先端だけを膣内に挿入したまま自分でモノを扱く。
彩夏に申し訳ないと思いつつもそのままオナホの中に射精した一登は、溢れてくるはずの精液も愛液もローションもなくなっていることに気づいた。
今までも気づくとローションや愛液は綺麗になくなっていたのだ。
不思議なおもちゃだから。と思っていたが、彩夏の様子を見てみるとアソコから精液が溢れているような気がする。
これって中出し…。
気づいてももう遅く、後ろめたさ抱えつつも一登は眠りについた。

 

魔法のホール 寝てる子開発えっち 3話ネタバレ

 

▼今すぐ読むならコチラ▼

魔法のホール 寝てる子開発えっち

101062670_BookLiveコミック【AC】魔法のホール 寝てる子開発えっち※スマホ専用

※画像タップで無料立ち読みページ

 

魔法のホール 寝てる子開発えっち 3話ネタバレ

 

17日目。
中出しの罪悪感はあるが、夜中になると欲望が頭をもたげてくる。
一登はいつもと同じようにオナホを手に目を閉じた。
パンツが見える姿で寝ている彩夏がエロ可愛い。
ローションを使わずにオナホの突起を口に含むと、唾液でしっかり濡らしてクリトリスを吸い、舌で刺激する。
口だと加減が分からないが、彩夏は気持ちよさそうだ。
彩夏の様子に大胆になった一登は、思いつく限り口での愛撫をした。
感じている彩夏に、このまま続ければイケるか?と感じた一登は舌での刺激を続けるが、結局諦めて指での刺激に切り替える。
ローションを追加して指でクリトリスを撫でまわすと、彩夏は声を上げて強い反応を見せた。
そのままいつものようにクリトリスを指で弾けば、彩夏はびくびくと体を震わせながらあっけなく達してしまう。
思い通りのタイミングでイかせられたことに満足した一登は、その日も自慰をしてから眠りについた。

 

24日目。
ここ数日、数十分クンニしてから指でイかせることが続いている。
口でイかせたいなぁ…。
そう思う一登だが、舌が疲れてしまうことが欠点だ。
イかせたい一心で舌で愛撫を続けているとオナホの突起が大きく膨らんで、彩夏が感じているのは分かる。
彩夏を起こしてしまっても構わないと、クリトリスを強く吸いながら舌で愛撫を続ける。
彩夏の気持ちよさそうな反応を見てもう一押しと感じた一登は、舌でクリトリスを弄り倒した。
彩夏が声を上げて絶頂を迎える。
ようやく口でイかせることに成功した一登は、高揚を抑えられずにオナホにモノをあてがった。
先端だけをオナホに押し付け、自分でモノを扱く。
それでも一人でするよりは断然気持ちいい。
このままではまた中出ししてしまうとは思ったが、ガマンできずにオナホの中に放ってしまった。
オナホを確認すればやっぱり精液はない。
彩夏の様子を覗き見ると、彼女はぼんやりとした様子で起き上がりアソコが濡れていることに驚いている。

 

なにこれすごい気持ちいい。
朝に触る時より敏感で…。
彩夏の心の声も聞こえてきた。
彩夏は、下着を下ろすとオナニーを始めた。
乳首を刺激し、アソコを自分で擦る彩夏の姿に、一登は目を離せなかった。
彩夏は胸をもみ、くちゅくちゅとソコを弄っている。
あそこから自分の精液が流れ出し、それを気持ちよさそうに弄る彩夏の姿はエロイ。
ヘンな病気だったらどうしよう…。
強い快感に不安を覚えながらもオナニーを止められない彩夏。
一登の舌で達したばかりの体は敏感なのか、彩夏は間もなくイってしまった。
拭いてパンツ履かないと。
彩夏はそう思いながらもそのまま眠りに落ちてしまった。

 

アソコをさらしたまま眠っている彩夏の姿に我慢できず、一登はオナホにゆっくり指を入れてみる。
むき出しの彩夏のアソコが指の分だけ広がったのが見えた。
モノを挿入しようとしたときには処女膜が邪魔した彩夏のソコだが、思いのほか指をすんなり飲み込んで行った。
根元まで挿入した指はきゅきゅうと締め付けられる。
軽く前後に指を動かしてみると、膣内の凹凸が伝わってきた。
モノを入れたい。指がモノならいいのに。
そんな欲望を抱きながら、一登は彩夏の膣内を弄り、自分のモノを扱いた。
オナホの中に射精した一登は、彩夏の様子を見てみる。
晒されたあそこから一登の精液がスカートに垂れてしまっているのが分った。

 

魔法のホール 寝てる子開発えっち」感想

 

▼今すぐ読むならコチラ▼

魔法のホール 寝てる子開発えっち

101062670_BookLiveコミック【AC】魔法のホール 寝てる子開発えっち※スマホ専用

※画像タップで無料立ち読みページ

 

魔法のホール 寝てる子開発えっち」感想

 

奥手らしい一登だけど、相手が寝ていればやることは大胆。

 

童貞だからなのか元々の性格か、彩夏を気遣って様子をうかがいながら愛撫するところは好感度高い。

 

本人の了承得てない時点でやってることは褒められたことじゃないんだけど、それはオナホ開発者に文句言え。ってところでしょう。

 

寝てるところをいたずらするっていうのはわりと王道なのかもしれないけど、変わらない良さもあります。

 

ストーリーが進んでも急激にエロ度が増すわけじゃなく、ゆったりまったり彩夏を開発していくので、そういう過程を楽しめる人向き。

 

女子の方が早熟なのか、おっかなびっくりの一登よりもどんどん快楽に貪欲になっていく彩夏の変化も見ごたえあり!

 

清純な女の子が自分からおねだりしちゃうようになるのは良きです。

 

後日談として彩夏視点のストーリー(別のアイテムあり!)もあるので、気になる方は併せて読んでみてね。

 

魔法のホール 寝てる子開発えっち 作品詳細

 

魔法のホール 寝てる子開発えっち 作品詳細

 

作品名:魔法のホール 寝てる子開発えっち

 

作者:片瀬蒼子(空色にゃんにゃん)

 

ジャンル:JK・処女・中出し・着衣

 

公開話数:10話

 

掲載誌:愛玩☆実験室

 

配信サイト:BookLiveコミック

 

▼今すぐ読むならコチラ▼

魔法のホール 寝てる子開発えっち

101062670_BookLiveコミック【AC】魔法のホール 寝てる子開発えっち※スマホ専用

※画像タップで無料立ち読みページ

 

魔法のホール 寝てる子開発えっち 配信タイトル

 

魔法のホール 寝てる子開発えっち 配信タイトル

 

第1話 好きな女の子を自分の手で初めてイかせてた夜

 

第2話 毎晩のように悪戯してトロトロになったアソコの中へ…

 

第3話 敏感になってく身体に戸惑いながらも我慢できない女の子

 

第4話 少女の穴はもうすっかりオチ○チンが入るほど開発されて

 

第5話 寝ている間に何度も子宮を突かれて中に出された女の子は…

 

第6話 目が覚めてるのにイジられて好き放題に中に出されて

 

第7話 いつでもどこでもオ○ホにされて家族の前でもイかされて

 

第8話 オチ○チンで中イキさせられ自分からオネダリしちゃう女の子

 

後日談1 夢の中で出会えちゃう「魔法のまくら」で対面生セッ○ス

 

後日談2 学校の教室で中に出されて何度も何度もイかされて